酔うと辛い二日酔いの基礎知識

ついつい飲み過ぎてしまってなってしまう二日酔いですが、予防や対処をするにはまず二日酔いとは何なのか基礎知識を知っておくとよいでしょう。

二日酔いまたは宿酔(ふつかよい)は、さまざまな不快な生理学的効果および心理作用の経験である。

典型的な症状として頭痛、眠気、集中力の欠如、口の渇き、立ちくらみ、疲労、胃腸障害、発汗、吐き気、過興奮および不安を含む可能性がある。
二日酔いの原因は依然として完全には解明されてはいないが、いくつかの要因はアセトアルデヒドの蓄積、免疫系の変化および糖代謝を含むことを必要とするとで知られている。一般的に二日酔いの症状はお酒を飲んだ次の朝起きて表れる現象のことを言う。

急性アルコール中毒とは違い、生命に直ちに危険を与えないがひどい不快感に襲われる。飲酒後短時間に現れるものは悪酔いと呼ばれる。アルコールから引き起こす二日酔いを防ぐ、または治療することなど説得力のある証拠が示唆することはない。

節度よくお酒を飲むこと、または飲酒を避けることは、二日酔を避ける最も効果的な方法である。二日酔いによっての経済影響および健康リスクは、職場の欠勤、障害職務遂行能力、生産性および学習効率の低下などがある。

二日酔いの状態で車を運転するか、または重機を操作するようなことは潜在的にある日常生活の危険性を誘発させる可能性がある。睡眠パターン変化および胃腸障害のような一部の症状は、アルコール中毒の直接の影響または離脱症状によるものである。眠気および認識機能障害は、アルコールの後遺症の2つの大きな特徴である。

いくつかの病態生理学変化は、グルコースの可用性のアセトアルデヒド、サイトカイン経路のホルモンの変調および減少のレベルの増加を含むアルコールの後遺症の原因を生じる可能性がある。 また二日酔いで車を運転すると立派な飲酒運転になること思わぬ落とし穴です。

法律の上では昨日飲んだ二日酔いなどは一切関係なく呼気中のアルコール濃度によって酒酔い運転か酒気帯び運転などの飲酒運転の区別をしているので、その時点で規定のアルコールが含まれていたら飲酒運転となるわけです。

個人差がありますが目安として体重68kgの人がビール500mlを2缶とチューハイ350mlを3缶飲んだら12時間経過しないとアルコールが体から抜けないと言われています。

くれぐれも二日酔いで車を運転なされないように、次の日に運転を控えている人は運転する時間から逆算して早めに切り上げるか車の運転をしないようにしましょう。